fc2ブログ
広告ショタ
2024 / 01 / 24 ( Wed )


p

ショタが可愛い広告を見つけたのでつい…萌え。
スポンサーサイト



12 : 14 : 43 | つぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
川越ボーイズ•シング、SPY FAMILY 、ミギとダリ
2023 / 10 / 21 ( Sat )
川越ボーイズ•シング
学園青春ホモアニメ、待ってました。1話目からシャワーシーンとか気合い入りすぎて今後の展開が楽しみです。2話目登場のマッチョ男子がオトメン設定とか、ライバルを意識する(男が男を意識している!)目立ちたがり男子とか、良いキャラばかりですね!萌え。


みんな筋肉質。お尻もご馳走様です。綺麗なシャワールームで昼間も使えるとか、私立の高校はそんな感じなのか?萌え。


いくら理事長だからってシャワー中のDK覗くのは良くないと思います!隠す所作が様式美で可愛い。萌え。


SPY FAMILY
ダミアンきゅんたちのずぶ濡れおパンツ拝見できました。


原作ではブリーフだった気がしたが、これはこれで可愛い。萌え。


ミギとダリ
こちらも1話目からブリーフ披露し、CMでもヒトリきゅんのパンツに言及している。今後の展開に期待。


ブリーフな2人。エロい。萌え。原作でもボーダー柄ブリーフ?穿いてました。楽しみ。

12 : 41 : 28 | アニメ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
白猫プロジェクト サマーバックホライゾン
2023 / 08 / 19 ( Sat )
浴衣男子がエロい。待ってました!


ユベルきゅん浴衣着崩してお股ご開帳してます。白褌(仮定)見えちゃいそうです!萌え。




強さはともかく、御降臨されたので満足です!普通に生足大腿部まで見せてます。萌え。




はだけた浴衣の向こうにはシュレディンガーの白褌(仮定)がある!白褌かノーパンか、観測されるまでふたつの可能性が併存しております。他のブリーフでも構いませんが。萌え。




ユベルきゅんの淫紋がビッチアピールしてます。淫紋と腹筋がエロい。萌え。




お金出して主人公きゅんの浴衣バージョン購入。同様の生足露出がエロい。きっとこっちは赤褌(願望)であろう。萌え。


ということでLet’s play 白猫プロジェクト!
09 : 29 : 57 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
かがみの孤城
2023 / 08 / 06 ( Sun )
序盤、女の子が主人公かと思いきや、まさかのイケメン少年が真の主人公だったとわー。ぬわー。


初登場リオンきゅん。短パン素足生足がエロい。登場人物の1人だったのに、まさかの主人公というか物語の王子様役だったとは…萌え。




中学一年生の設定なのに高身長、達観、イケメンと詰め合わせたような理想像。こんな中1いません!萌え。




イケメンと隣になる女子主人公、既成事実はこうやって作られていく。
ネタバレスレスレですが、この2人だけくっつく仕様なのができすぎていてなんだかなぁ、という感じです。萌え。同じ中1なら女子の方が高身長になりそうなのにな。




ショタ期リオンきゅんも出てきて可愛い。萌え。




何故かエンドロールではリオンきゅん中心に映し出されておりました。
ショタ的には良いですが、こころたん(主人公女子)どうした?というのは拭えません。本編でも主人公してましたが。萌え。




公式設定リオンきゅん。爽やかっす。


以下、おまけ


ぽっちゃり男子の嬉野きゅんもメガネマサムネきゅんも可愛い。萌え。


この2人が最初はお互い趣味が合わなかったのが、ゲームを通じて最終的に仲良くなって、とっても腐の臭いが漂ってたまりませんでした(褒め言葉)。
この身長差、見上げるマサムネきゅん可愛い。萌え。


なんだかんだ楽しく視聴できました。Let's take a look at かがみの孤城!
22 : 37 : 37 | アニメ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
陰キャくんと不良くん
2023 / 06 / 08 ( Thu )
R18です。が、かなり個人的なツボを抉ってきました。
エッチシーンも良いですが、2人の関係が深まっていく過程がとても微笑ましいです。


黒髪が陰キャのレオンきゅん。弱っちいところ見せといて急に男になります。萌え。




パンチ受け止めるシーンその2。動体視力結構良い。
陰キャきゅんのストレートな愛情表現と不良きゅんのツンデレ表現の駆け引き(?)が良い。萌え。


ということでlet’s read! 陰キャくんと不良くん!
08 : 58 : 09 | 漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>